【メディア情報】フリーペーパーDI:GA10月号/DI:GA online(9/23UP)に久我新悟インタビュー掲載
■ディスクガレージ フリーペーパーDI:GA10月号/DI:GA online(9/23UP)
久我新悟インタビュー掲載
 
●DI:GA
http://www.diskgarage.com/diga/paper.html

●DI:GA online
http://digaonline.jp
Posted : 2016.09.21
LIPHLICH FULL ALBUM『発明』 【12 inventions】
2016年10月19日(水)発売

LIPHLICH FULL ALBUM『発明』

【12 inventions】

本日より11日間にわたり、LIPHLICHオフィシャルTwitterにて、FULL ALBUM『発明』楽曲の【試聴Movie】を配信致します。

LIPHLICHオフィシャルTwitter: @LIPHLICH

※毎日22:00頃配信※
Posted : 2016.09.21
​【オフィシャルインタビュー Vol.3 『2016年上半期~「発明」feat.小林孝聡』】
「●●●は久我&小林のツインボーカル仕立て」

【オフィシャルインタビュー Vol.3 『2016年上半期~「発明」feat.小林孝聡』】
2016年1月24日、赤坂BLITZ公演にてLIPHLICHに加入。同公演にて「僕が入って、もっとLIPHLICHをかっこよくします!かっこよくなります!」と宣言をした小林孝聡。加入後から「発明」制作までを振り返ったオフィシャルインタビューを公開!

―2016年1月24日、赤坂BLITZ公演にてLIPHLICHに加入、上半期は自身にとって初めての経験が多かったと思いますが、今振り返ってみて如何でしたか?

小林孝聡:本当に初体験ばかりの上半期でした。最初の頃は結構全身ガチガチでしたね。プレッシャーも感じていたし。ワンマンライブも都内で数回経験したくらいなので、ワンマンツアーもやった事がない。心の余裕ができるまで1ヶ月くらいかかったと思います。でも、そんな硬直しがちの体と反して、気持ちだけはただ真っ直ぐに熱気を帯びていて。だからこそ、そういう発言(赤坂BLITZでのMC)をしたし、とにかく「気持ち」で駆け抜けた感じです。まるで沸騰したやかんから出る蒸気のような刹那を感じざるを得ません。今思えば、なんであんなにプレッシャーを感じていたのか、今ではまったくわかりません。そのくらい、今は非常にナチュラルな状態です。まあでもそうやって人は成長していくんですかね?どうですかね。

―LIPHLICHに加入してから、なにか苦労したことはありましたか?

小林孝聡:例えば、「加入にあたって曲をたくさん覚えた」とか「スケジュールが急に過密になった」とか、そんな事は苦でもなんでもなく、むしろ充実感や楽しさしかなかったんです。ただ、最初の方は周囲の人から「まだ‟メンバー”になれてない」「ドラムが叩けるだけならサポートと変わらない」みたいなことを言われ続けてきたんですけど、一時期、それで悩んでもじもじしていたら、久我さんがどこかの移動中に、「悩みすぎるのはいけない。思った事、やりたい事を素直に出せば良い」って言ってくれて。そこから心が軽くなりました。『オーラの泉』で美輪さんからありがたいお言葉をもらったような気分で(笑)。苦労という苦労はないですけど、強いて言うなら、今まで「先輩」として見ていた久我さん、新井さん、渉さんを「同じバンドのメンバー」として見る、扱う事。こればっかりは、同じ時間を多く過ごし、バンドメンバーとして対話していく事で築くしかなかったです。

―メンバーの意外な一面や、驚いたことは?

小林孝聡:久我さんは集中している時としていない時の差が激しすぎる。集中している時は息を呑むほどのオーラを放つ。そうじゃない時は本当に「ぐでたま」みたいな感じですかね。新井さんは熱い人だからもっと松岡修造みたいな感じかと思っていましたが、一番優しくてナイーブな面がある。焼きたての瀬戸ものみたいな。渉さんは普段シンプルに言葉をまとめて発言する知的な人ですが、お酒が入るとめちゃくちゃ喋る。これでもかと喋る。そして声も大きくなる!

―昨日、最新ヴィジュアル、「発明家A」のMVが公開されました。ヴィジュアル面においてこだわった部分や、撮影の裏話を教えて下さい。

小林孝聡:まずヴィジュアル面については、今のところ作品ごとにガラッとイメチェンしたい願望が強いので、やりたいスタイルを作品に合わせて当てている感じです。こだわったのは外国人っぽさです。あ、ちなみに僕、アメリカ人の‟はとこ”がいますよ!撮影時のエピソードは、ドローンを使ったカメラで上空から録ったりしたんですが、ドローンの風圧が凄くて頭の上に来た時にとんでもない風を受けました。映像的に、「演奏中はドローンを気にしないで、カメラがないものとして演奏して下さい。」っていう監督からの指示だったのですが、さすがに真上に来ると扇風機の強の3倍くらいの風がくるので、身体が微妙に反応しそうになるのを全力で阻止しました。あと全体撮影の時に、渉さんがイナバウアーの姿勢で20~30分くらい耐えてました。これ、「。(アーティスト写真の立ち位置的に)脚立ごとこっちに倒れて来たら大変だなあ」と思っていました。


―約一ヶ月後にリリースされるアルバム「発明」の制作において、新たに挑戦したことはありますか?

小林孝聡:今作から数曲、作曲しています(M-10「三原色ダダ」他)。前から作曲はしていたので、新たな挑戦ってわけではないですけど、LIPHLICHでは初です。ドラマーである事、また他の3人がそんなに通ってきてない音楽ジャンル、例えばニュースクールハードコアとか、叙情系ハードコアやスクリーモとか…僕が聴いてきた音楽を自然に出せば、他の皆と視点の違う曲が作れていると思うので、そこはバラエティに富む要素の一つかもしれませんね。全員が作曲するバンドというのは僕の理想だったので、今作からそれが叶って嬉しいです。あと、「発明家A」では打ち込みドラムと生ドラムを絡ませて、一つのドラムパターンにしたこと。これは頭から終わりまでシンセドラムがガッツリ入っている曲で、シンセドラムありきで出来ているリズムです。生ドラムだけで聴いても物足りない、打ち込みだけ聴いても物足りない。二つが合わさって初めてこの‟感じ”が生まれるんです。


―「三原色ダダ」について、特にこだわった部分を教えて下さい。

小林孝聡:基本、スカのリズムに乗せた軽快な曲です。ただ、一昔流行ったスカパンクではなく、古<いにしえ>のスカミュージック臭を感じさせつつ、ちょっと頭がおかしい感じの曲にしたかったので、アクの強い感じのコーラスフレーズを入れたり。展開も目まぐるしくして、でもサビはキャッチーに、すっと入って来るものにしたこと。あとは、久我さんの歌入れ時のアイデアで「こばやんも歌ってみて、ツインボーカル風にしたら面白いんじゃない?(笑)」っていうことで、試しに歌ったら良かったので、この曲は久我新悟&小林孝聡のツインボーカル仕立てになっています。あんまり想像出来ないかもしれませんが、それがこの曲の大きなポイントになってますね。ざっくり言うと、ちょっと変な人が横で一緒に歌ってる感じ(笑)。すごく挑戦的な曲になったと思います。

―「LIPHLICH ONE MAN TOUR 2016『発明』」では、ご自身の誕生日(11月25日)にLIPHLICH初の三重公演が開催されます。Twitterで「自分の出来る楽器を全て駆使したパフォーマンスをしたい」と仰ってましたが、具体的にどのような楽器を使うのでしょうか?また、イベントの見所等を言える範囲で教えて下さい。

小林孝聡:小学生の時に、リコーダーとピアニカをやっていましたが、残念ながらそれは使いません。僕はドラム以外にも、ギターやベースを弾きます。ピアノもちょっとだけ。元々は作曲用に覚えた程度だったし、人前で弾く事もあまりないんですが、今回は誕生日という事もあって「特別な日になれば」という事で、僕がドラムもギターもベースも全部奏でる日にしようと思います。あと、歌も好きなので久我さんと歌いたいな!俺を見ろ!俺を聴け!って日です。Happy Birthday!!

―Twitterで不定期に雑学を発表されてますが、「発明」に関する雑学を教えて下さい。

小林孝聡:…赤ちゃんの服にモップがくっついていて、ハイハイすると同時に床掃除ができる、モップ付き赤ちゃん服というものが発明され海外で売られている。あ、今回のアーティスト写真(個人)は実はすごい高い所に上って撮っていて、すました顔をしているが、高所が苦手なので足下はとても怯えている。

―最後に、「LIPHLICH ONE MAN TOUR 2016 『発明』」にご来場される皆様へメッセージをお願いします。

小林孝聡:まずは、来場しようと思ってくれてありがとうございます。お目が高い。その期待は裏切りません。今回も、前作を遥かに超えました。当然、ツアー内容も今まで一番最高なものにします。個人的に、2016年初旬のツアー「蛇であれ 尾を喰らえ」では、良くも悪くもビギナーな部分があり、ちょっとこう…3人に後ろからついて行ってる感が多少なりともあったんですけれど「発明」ツアーは違う。何が違うって、本当の意味で1から4人で作り上げた作品だと言っていいと思うので、思い入れが違う。今回、通常ライブ公演と、アコースティック公演も散りばめられていて、LIPHLICHの魅力を幅広く見せることが出来ると思います。音楽を聴いてもらえればそうなんですけど…決して‟わかりやすいバンド”ではないので、実態は掴みにくいのかもしれません。でも、それがいいと思ってます。良いと思ったものを良いと信じてやる。音楽を愛する者達のライブ、単純にそうなんです。今一番の自信作を持ってツアーを回る、その姿を全国にくっきりと残していくので。ご清聴ありがとう御座いました。



【2016年10月19日(水)発売】
LIPHLICH FULL ALBUM『発明』

■TypeA/CD+DVD(「発明家A」MUSIC VIDEO)
【収録曲】
1.発明家A
2.Give me Chill me Killing me
3.メランコリー
4.この密室よりくちづけを
5.二人の事件
6.SLAP TEA TIME
7.追憶
8.ロボトミー
9.アナグラムシティ
10.三原色ダダ
11.星
12.星の歯車
¥3,240(tax in)
MSLP-039
 
■TypeB/CD ONLY
【収録曲】
1.発明家A
2.Give me Chill me Killing me
3.メランコリー
4.この密室よりくちづけを
5.二人の事件
6.SLAP TEA TIME
7.追憶
8.ロボトミー
9.アナグラムシティ
10.三原色ダダ
11.星
12.星の歯車
¥2,700(tax in)
MSLP-040
 

【LIPHLICH ONE MAN TOUR 2016『発明』】 

10月23日(日)東京club asia
開場17:00/開演17:30
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888
 
10月29日(土)京都MUSE
開場17:00/開演17:30
(主催/問)夢番地 大阪06-6341-3525
 
10月30日(日)梅田Shangri-La
開場17:00/開演17:30
(主催/問)夢番地 大阪06-6341-3525
 
11月1日(火)南堀江knave ※Acoustic公演
開場18:30/開演19:00
(主催/問)夢番地 大阪06-6341-3525
 
11月2日(水)名古屋HeartLand ※Acoustic公演
開場18:30/開演19:00
(主催/問)キョードー東海 052-972-7466
 
11月3日(木/祝)名古屋ell.FITS ALL
開場17:00/開演17:30
(主催/問)キョードー東海 052-972-7466
 
11月5日(土)新横浜 NEW SIDE BEACH!!
開場17:00/開演17:30
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888

11月6日(日)HEAVEN'S ROCK さいたま新都心
開場17:00/開演17:30
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888
 
11月9日(水)水戸LIGHT HOUSE
開場18:30/開演19:00
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888
 
11月12日(土)柏Thumb Up
開場17:00/開演17:30
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888
 
11月13日(日)HEAVEN'S ROCK 宇都宮
開場17:00/開演17:30
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888
 
11月16日(水)札幌COLONY
開場18:30/開演19:00
(主催/問)WESS 011-614-9999
 
11月17日(木)札幌COLONY
開場18:30/開演19:00
(主催/問)WESS 011-614-9999
 
11月19日(土)仙台HooK
開場17:00/開演17:30
(主催/問)G.I.P 022-222-9999
 
11月20日(日)郡山 CLUB #9
開場17:00/開演17:30
(主催/問)G.I.P 022-222-9999
 
11月22日(火)前橋 DYVER
開場18:30/開演19:00
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888
 
11月23日(水/祝)高崎clubFLEEZ ※新井崇之Birthday
開場17:00/開演17:30
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888
 
11月25日(金)三重CLUB CHAOS ※小林孝聡Birthday
開場18:30/開演19:00
(主催/問)キョードー東海 052-972-7466
 
11月27日(日)神戸VARIT.
開場17:00/開演17:30
(主催/問)夢番地 大阪06-6341-3525
 
11月28日(月)姫路Beta
開場18:30/開演19:00
(主催/問)夢番地 大阪06-6341-3525
 
11月30日(水)高松TOONICE
開場18:30/開演19:00
(主催/問)デューク高松 087-822-2520
 
12月1日(木)岡山PEPPER LAND
開場18:30/開演19:00
(主催/問)夢番地広島 082-249-3571
 
12月3日(土)広島Cave-Be
開場17:00/開演17:30
(主催/問)夢番地広島 082-249-3571
 
12月4日(日)福岡DRUM SON
開場17:00/開演17:30
(主催/問)BEA 092-712-4221

【Tour Final】
12月10日(土)東京 日本橋三井ホール

※劇場公演/久我新悟Birthday
開場16:45/開演17:30
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888
 
【After Show】
12月17日(土)沖縄output ※Acoustic公演
開場17:00/開演17:30
(主催/問)PMエージェンシー 098-898-1331

12月18日(日)沖縄output ※Acoustic公演
開場15:00/開演15:30
(主催/問)PMエージェンシー 098-898-1331

[チケット]
10月23日(日)~12月4日(日)/12月17日(土)/12月18日(日):前売り3500/当日4000
12月10日(土)日本橋三井ホール公演:前売4000/当日4500
 
[プレイガイド]
●オフィシャルHP抽選先行
9/3(土)10:00?9/16(金)23:59(イープラスインターネット予約)
●イベンター・プレイガイド先行
9月17日(土)?9月23日(金)
■一般発売
2016年9月24日(土)~
 
Posted : 2016.09.20
2016.10.19(wed)Release!! 『発明』【最新アーティスト写真/MVフル/アルバム情報/アートワーク】一斉解禁!!
2016.10.19(wed)Release!!
LIPHLICH FULL ALBUM  『発明』

■最新アーティスト写真


■リードトラック「発明家A」MVフル


■TypeA/CD+DVD
【CD収録曲】
1.発明家A
2.Give me Chill me Killing me
3.メランコリー
4.この密室よりくちづけを
5.二人の事件
6.SLAP TEA TIME
7.追憶
8.ロボトミー
9.アナグラムシティ
10.三原色ダダ
11.星
12.星の歯車
【DVD収録曲】「発明家A」MUSIC VIDEO
¥3,240(tax in)
MSLP-039
 
■TypeB/CD ONLY
【収録曲】
1.発明家A
2.Give me Chill me Killing me
3.メランコリー
4.この密室よりくちづけを
5.二人の事件
6.SLAP TEA TIME
7.追憶
8.ロボトミー
9.アナグラムシティ
10.三原色ダダ
11.星
12.星の歯車
¥2,700(tax in)
MSLP-040

■アートワーク
http://www.liphlich.com/discography/
Posted : 2016.09.19
2017年1月7日/CRUSH OF MODE-NEW YEAR PREMIUM SHOW'17-出演決定!
2017年1月7日/CRUSH OF MODE-NEW YEAR PREMIUM SHOW'17-出演決定!
http://www.liphlich.com/schedule/57126/
Posted : 2016.09.17
9月11日(日)東京湾船上公演『DresSea Tokyo 2016』スペシャル企画公開!
[東京湾 船上公演『DresSea Tokyo 2016』スペシャル企画]

■演奏終了後「船上公演限定Member Greeting」開催!

■LIPHLICHメンバー考案オリジナルカクテル4種販売 各¥500

久我新悟オリジナルカクテル
「堕ちゆく恋は秘密と重罪と背徳の官能」(アルコール)

新井崇之オリジナルカクテル
「刺激が足りないシンデレラ」(ノンアルコール)

進藤渉オリジナルカクテル
「ガラスを割った露出狂」(アルコール)

小林孝聡オリジナルカクテル
「採れて三日以内の和歌山県産「ネーブルオレンジ」を贅沢に使用し、採れて三日以内の乳酸菌をふんだんに使用したカルピスのミックスジュースだったらすごく贅沢な飲み物になったんじゃないかなって思ってます」(ノンアルコール)

■船上公演限定チェキ発売 ¥1,000
※公演終演後、LIPHLICHメンバーと2ショットor5ショット撮影が出来る「プレミアムチェキ」が数量限定で入っております。

※ドリンク・物販をご購入の際は、なるべくおつりの出ないようご協力をお願い致します。

【東京湾公演概要】

2016年9月11日(日)東京湾レディクリスタル
※天王洲アイル シーフォートスクエア

東京湾公演 Ocean's club『DresSea Tokyo 2016』
OPEN 18:15/departure 18:30
TICKET:¥10,000(指定席)※SOLD OUT!

[ドレスコード]
・フォーマル
・インフォーマル

(問)liphlich@fuji-pro.net
Posted : 2016.09.08
大阪湾船上公演 SOLDOUT!
東京湾公演に続き、大阪湾船上公演もSOLD OUT!
誠にありがとうございます。

【船上公演概要】

2016年9月11日(日)東京湾レディクリスタル
※天王洲アイル シーフォートスクエア
 
東京湾公演 Ocean's club『DresSea Tokyo 2016 』
OPEN 18:15/departure 18:30
TICKET:¥10,000(指定席)※SOLD OUT!
 
[ドレスコード]
・フォーマル
・インフォーマル

(問)liphlich@fuji-pro.net
 
2016年10月1日(土)大阪湾 サンタマリア
※天保山ハーバービレッジ海遊館
 
大阪湾公演 Ocean's club『DresSea Osaka 2016 』
OPEN 18:45/departure 19:00
TICKET:¥10,000(指定席)※SOLD OUT!
 
[ドレスコード]
・フォーマル
・インフォーマル
・カジュアル
 
(問)liphlich@fuji-pro.net
Posted : 2016.09.05
12月25日(日)/ART POP ENTERTAINMENT -X'mas Special LIVE-【 Base of Santa Claus 】出演決定!
12月25日/ART POP ENTERTAINMENT -X'mas Special LIVE-【 Base of Santa Claus 】出演決定!
http://www.liphlich.com/schedule/56468
Posted : 2016.09.03
12月24日(土)/東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにてFree One Man Live開催決定!
2016年12月24日(土)
東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ

http://www.laqua.jp

「LIPHLICH Xmas Eve Show 2016 ~聖歌が街にやってくる~」
※Free One Man Live

詳細は追ってお知らせ致します。 
Posted : 2016.09.02
​【オフィシャルインタビュー Vol.2 『2016年上半期~「発明」feat.新井崇之』】
「バンドの作る音楽の完成はCDではなくライブ」

【オフィシャルインタビュー Vol.2 『2016年上半期~「発明」feat.新井崇之』】
激動の上半期からニューアルバム「発明」制作まで―。LIPHLICHのリーダー&ギタリスト、新井崇之のオフィシャルインタビューを公開!

―新メンバーの加入から、アルバム「蛇であれ 尾を喰らえ」をリリース、シングル「DOUBLE FEATURE」をリリース。リリースに付随するツアー等も精力的に行ってきた「上半期」の活動を振り返って、如何でしたか?

新井崇之:ただただ、がむしゃらに走って来たなって感じです(笑)。気持ちも新たに前へ進んでいこうって意思を全員持ってたし。その、がむしゃらの中で築けたバンド力というのは大きいなと思いました。ライブの力強さ、説得力という部分でとても磨かれたと思います。こばやんの加入で凄く大きな刺激があって楽曲や演奏隊に良い刺激にもなりましたし。今に至る地盤がしっかりと作られた上半期だったんじゃないでしょうか。

―上半期に行ってきた活動の中で、特に印象に残っていることをお聞かせください。

新井崇之:無料単独公演ですね。東京・名古屋・大阪・仙台の4都市で無料公演というのは初めてでしたから。LIPHLICHにちょっと興味があるっていう人には、凄く良いきっかけになったかなって思います。CDも聴いてもらいたいけど、やっぱりバンドですからライブが一番だと思うんです。実際にライブを観てもらった方が、LIPHLICHという存在をちゃんと全部感じてもらえると思うし。音だけでは伝わらなかった「人間の部分」を感じてもらえたかなと思います。実際にこの公演が初めてだって方も沢山いらしてたので嬉しかったですね。

―年始から現在に至るまで、心境の変化は?

新井崇之:「ここからまた始まる期待感」というのが年始にはあって…今はバンドの地盤も固まりもっと先を見たいって感じでしょうか。年始には「もっと突き進んで行こう」っていう前進する気持ちだけあって、というかそれしかなかったのかもしれません。漠然としてるというか。今は4人がしっかりとLIPHLICHになる事。4人がLIPHLICHという存在になる事。そうでないとこのまま進化はあり得ない。前に突き進む事が出来ないと思います。そういう緊張感が前よりも増したようにも思えます。

―プレイ面の変化はありましたか?

新井崇之:感情で弾くタイプのギタリストなのでどうなんでしょう(笑)。大きくは変わってないと思いますが、以前よりも細かいフレーズが増えたかなって思います。あとは最近ピックのサイズを曲ごとに合わせて使い分けたりしてますね。今までは「僕はこれだけでいくぜこのやろー!」みたいな感じでしたが、何となく使い分けたら意外と良かったので改めました(笑)。ライブでは…相変わらず色々無茶をしてますね(笑)。

―前回のアルバム「蛇であれ 尾を喰らえ」のリリースから、わずか8か月でリリースとなるニューアルバム「発明」。この短期間の中でアルバムをリリースする理由は?

新井崇之:前回の「蛇であれ 尾を喰らえ」は新しいLIPHLICHというテーマがありました。メンバーの加入もありましたし。ただもっと踏み込んだ新しい事に挑戦したいなって。「これ面白い…すげぇ…かっこいい。」っていう、音楽に対する新鮮な感情や感動を、もっと正直に詰め込んだ作品を作ろうって。
今まで作り上げて来た「これぞLIPHLICHの音楽」というのは「DOUBLE FEATURE」で終わったので、全く新しい視点から作ろうって。でもシングルだと「どうだ!」って部分があまり伝わらないので、どうせなら大ボリュームのアルバムでお届けしたいと思いました。ワンマンツアーもあるし、そこでちょっとだけしか新しい音楽が垣間みれないのはあんまりだし。それならどっぷり浸って頂こうと。

―そのアルバムを引っ提げて回る、全27公演に及ぶ「LIPHLICH ONE MAN TOUR 2016『発明』」には、どのようなヴィジョンを持っていますか?

新井崇之:全27公演という本数は、これまでのツアーで一番多い本数ですね。おかげさまで、初めましての会場でもやらせて頂けますし、とても嬉しいです。会場が増えるという事は知ってもらえる、好きになってもらえる機会が増えるという事ですから、余す事なく、しっかりとLIPHLICHを各地に染み込ませたいですね。そしてこのツアーで「ロックバンドLIPHLICHはカッコいいだろ!」て見せつけたい。
まだ具体的な内容が決まった訳じゃないのではっきりとは言えないですが、今回のアルバムでバンドの振り幅が一気に広くなると思います。それで作り上げられるライブは一辺倒ではなく、とても楽しいんじゃないかなと。色々な場面を展開できるかなって思います。ここから面白い事が更に生まれていくと思いますので、より多くの会場で出来る事が楽しみです。
あと、ワンマンツアーはいつも思うのですが、全てが次に行く為の試練みたいに思えるんです。バンドが次の階段を上がる為の一歩みたいな。今回のは10月~12月までの長いツアーになりますが、この間にもバンドとメンバーは成長するだろうし、それもちゃんと反映しながら全てのライブを大事にしていきたいですね。そしてそれが結果として後から返ってきますから。

―「LIPHLICH ONE MAN TOUR 2016『発明』」では、ご自身の誕生日(11月23日)・誕生日前日に、出身地である群馬での公演が開催されます。昨年も企画されていた『Make some noise!!!』等、今年も特別な企画はありますか?

新井崇之:今年も地元でやらせてもらえて嬉しい。本当に嬉しいです。『Make some noise!!!』は一昨年から毎年やらせてもらってますね。

あの自由な感じっていうんですか?楽しみつつも感情剥き出しなライブっていうのが凄く好きなので。やりたいですねー。たまにはいいですよね?皆で声をからして叫びまくりたいです(笑)。タイトルも「叫べ!!!!!」ですから(笑)。

―最後に、「LIPHLICH ONE MAN TOUR 2016 『発明』」にご来場される皆様へメッセージをお願いします。

新井崇之:あと約2ヶ月で始まります。あっという間ですね。ライブ当日までドキドキワクワクしててさい。僕もLIPHLICHを届けられるのを楽しみにしてます。この「発明」というアルバムを織り交ぜたライブは色々な驚きが生まれるんじゃないでしょうか。
バンドの作る音楽の完成はCDではなくライブだと思っています。発明した物が完成した時のエネルギーというのはとても大きいです。このツアーでもその大きなエネルギーを全ての会場で発揮したいと思います。楽しみに待っててください。僕たちの「発明」をお見せします。
 

2016年10月19日(水)発売
LIPHLICH FULL ALBUM 『発明』

■TypeA/CD+DVD(MUSIC VIDEO)
全12曲収録
¥3,240(tax in)
MSLP-039

■TypeB/CD ONLY
全12曲収録
¥2,700(tax in)
MSLP-040
 

LIPHLICH ONE MAN TOUR 2016『発明』

※9月3日(土)10時00分~オフィシャルHP先行開始!

10月23日(日)東京club asia
開場17:00/開演17:30
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888

10月29日(土)京都MUSE
開場17:00/開演17:30
(主催/問)夢番地 大阪06-6341-3525

10月30日(日)梅田Shangri-La
開場17:00/開演17:30
(主催/問)夢番地 大阪06-6341-3525

11月1日(火)南堀江knave ※Acoustic公演
開場18:30/開演19:00
(主催/問)夢番地 大阪06-6341-3525

11月2日(水)名古屋HeartLand ※Acoustic公演
開場18:30/開演19:00
(主催/問)キョードー東海 052-972-7466

11月3日(木/祝)名古屋ell.FITS ALL
開場17:00/開演17:30
(主催/問)キョードー東海 052-972-7466

11月5日(土)新横浜 NEW SIDE BEACH!!
開場17:00/開演17:30
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888

11月6日(日)HEAVEN'S ROCK さいたま新都心
開場17:00/開演17:30
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888

11月9日(水)水戸LIGHT HOUSE
開場18:30/開演19:00
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888

11月12日(土)柏Thumb Up
開場17:00/開演17:30
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888

11月13日(日)HEAVEN'S ROCK 宇都宮
開場17:00/開演17:30
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888

11月16日(水)札幌COLONY
開場18:30/開演19:00
(主催/問)WESS 011-614-9999

11月17日(木)札幌COLONY
開場18:30/開演19:00
(主催/問)WESS 011-614-9999

11月19日(土)仙台HooK
開場17:00/開演17:30
(主催/問)G.I.P 022-222-9999

11月20日(日)郡山 CLUB #9
開場17:00/開演17:30
(主催/問)G.I.P 022-222-9999

11月22日(火)前橋 DYVER
開場18:30/開演19:00
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888

11月23日(水/祝)高崎clubFLEEZ ※新井崇之Birthday
開場17:00/開演17:30
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888

11月25日(金)三重CLUB CHAOS ※小林孝聡Birthday
開場18:30/開演19:00
(主催/問)キョードー東海 052-972-7466

11月27日(日)神戸VARIT.
開場17:00/開演17:30
(主催/問)夢番地 大阪06-6341-3525

11月28日(月)姫路Beta
開場18:30/開演19:00
(主催/問)夢番地 大阪06-6341-3525

11月30日(水)高松TOONICE
開場18:30/開演19:00
(主催/問)デューク高松 087-822-2520

12月1日(木)岡山PEPPER LAND
開場18:30/開演19:00
(主催/問)夢番地広島 082-249-3571

12月3日(土)広島Cave-Be
開場17:00/開演17:30
(主催/問)夢番地広島 082-249-3571

12月4日(日)福岡DRUM SON
開場17:00/開演17:30
(主催/問)BEA 092-712-4221

【Tour Final】

12月10日(土)東京 日本橋三井ホール

※劇場公演/久我新悟Birthday
開場16:45/開演17:30
(主催/問)DISK GARAGE 050-5533-0888

【After Show】
12月17日(土)沖縄output ※Acoustic公演
開場17:00/開演17:30
(主催/問)PMエージェンシー 098-898-1331

12月18日(日)沖縄output ※Acoustic公演
開場15:00/開演15:30
(主催/問)PMエージェンシー 098-898-1331
 

[チケット]

10月23日(日)~12月4日(日)/12月17日(土)/12月18日(日):前売り3500/当日4000
12月10日(土)日本橋三井ホール公演:前売4000/当日4500

[プレイガイド]

■オフィシャルHP先行(イープラス)
【専用URL】
http://eplus.jp/lip2016hp/ (PC&携帯)
【受付期間】
9月3日(土)10時00分~9月14日(水)23時59分

■プレイガイド先行
【受付期間】
9月16日(金)12時00分~9月21日(水)18時00分
http://eplus.jp/lip/ (PC&携帯)

■一般発売:9/25(日)10時00分~
 
Posted : 2016.09.01
【8.27 大阪ウェスティ&8.28 FANJ twice公演】先行物販のお知らせ
【8.27 大阪ウェスティ&8.28 FANJ twice公演 先行物販のお知らせ】

公演当日、以下の時間に先行物販を行います。

[先行物販]
8.27 大阪ウェスティ公演/15:30~16:30
8.28 FANJ twice公演/15:45~16:30

※先行物販では会場限定CD「幻想曲」各オフィシャルグッズを販売致します。
 
Posted : 2016.08.25
9月26日(月)/「@tree showtent.16 ~ACOUSTIC SPECIAL~」出演決定!
9月26日(月)/「@tree showtent.16 ~ACOUSTIC SPECIAL~」出演決定!
http://www.liphlich.com/schedule/56190/
Posted : 2016.08.25
10月5日(水)/SCREW PRESENTS 『HEAD FOR CLIMAX』出演決定!
10月5日(水)/SCREW PRESENTS 『HEAD FOR CLIMAX』出演決定!
http://www.liphlich.com/schedule/56085/
Posted : 2016.08.25
​【オフィシャルインタビュー Vol.1 『Use My illusion Ⅴ&Ⅵ』】
「僕らは頭の中で描いている非現実な何かを、なんとか現実の形にしようとしている」

【オフィシャルインタビュー Vol.1 『Use My illusion Ⅴ&Ⅵ』】
開催直前!8月27日(大阪ウェスティ)、8月28日(大阪FANJ twice)に行われるCONCEPTUAL ONEMAN公演、『Use My illusion』のオフィシャルインタビューを公開!

―はじめに、「Use My illusion」は、今回で5・6回目の開催ですが、そもそも開催することになったきっかけは?

久我新悟:元々は東京の劇場とライブハウスで2日間別々のコンセプトでやった公演が始まりでした。この2日間の公演が自分達にとって満足いくものだったのもあって、それを大阪でもやりたいなと思って去年「Use My illusion」の3・4回目をやりました。大阪での2日間のライブ内容は良かったなと思ったのですが、簡単に言うと、1日目の劇場(Use My illusion Ⅲ)の動員がちょっとさみしいものだったので、ライブ後の打ち上げで酒飲みながらみんなで、『ムキー!くやしい!』となり、ならばもう一度!という気持ちを込めて開催を決めました。大阪でもっと多くの人にLIPHLICHのライブを見てもらいたいという想いだけです。
 
―「Use My illusion」というタイトルの由来をお聞かせください。
 
久我新悟:まず「illusion(イリュージョン)」という言葉を見て皆さんは最初に何を想像しますか?ちなみに自分だったら引田天功さんを想像したりします。
「illusion」を辞書でひくと『幻想、錯覚、誤解、思い違い』といった意味で記されています。錯覚、誤解、思い違いといった言葉でみると、どちらかといえばあまり良くない、非現実的でマイナスなニュアンスのある言葉に映ります。
しかし幻想という言葉でみるとそれはファンタジー、空想、おとぎ話といった非現実的ではあるものの、世の中の作品の色んなテーマにもなっている夢のある素敵なニュアンスの言葉に変わります。それに妄想や空想も同義語になります。これが「illusion」という言葉のややこしくもおもしろい部分で、全て『非現実』という意味があるものの、マイナスにもプラスにも感じられる、人によって色んな意味を持つ『非現実=夢の言葉』になるわけです。
んーイリュージョン。「人間が想像できることは、人間が必ず実現できる。」こんな言葉を聞いたことあるかと思います(聞いたことなかったら…わたしは知らん)。たとえば昔は人類が月に行くことなんて夢物語と思われていたのに今では普通に月に行くことができる、みたいなこともあったわけです。大それたことを言いたいわけではないのですが、僕らは自分の頭の中で描いている空想や妄想みたいな非現実な何かを、なんとか現実の形にしようと日頃四苦八苦しつつ、それを音源やライブにしているわけです。
そうすると「illusion」という言葉が、思い描いていることをやるというバンドの基本スタンスにしっくり当てはまるのでタイトルに使おうと思いました。しかし「illusion」だけだとマジックショーでもやんのか?みたいに自分が感じたのでなにか付け足そうかなとなり…。
そこでちょっと話は変わり、僕が好きなバンドのGUNS N’ROSESに「Use Your Illusion Ⅰ&Ⅱ」という2枚のアルバムがありまして、このアルバムは2枚とも75分以上の大ボリュームアルバムになっていて、『自分達がかっこいいと思う曲をバランスとかなにも考えずに全部アルバムに入れちゃいました、テヘッ☆なんか文句あっか?』みたいな内容のアルバムなんです。
パッと聴くとまとまりが全然ない作品なんですがその自由奔放さがすごく好きで、まさにイリュージョンって感じなんですね(あくまで僕の個人的な感想です。世界的に有名なバンドの代表的アルバムです)。なのでちょうど劇場とライブハウスの2公演だし、好きなアルバムをもじって「Use My illusion」というタイトルにしました。

―これまで開催した「Use My illusion」で、印象に残っていることは?
 
久我新悟:4公演の全部。

新井崇之:「Use My illusionⅠ」のサンドアートとのコラボレーションです。以前テレビで伊藤花りんさんのパフォーマンスを拝見して感動しました。そこで僕たちのライブと合わせて、面白い事が出来ないかなって思ったんです。 「カルトなでしこ」とのコラボレーションとエンディングのパフォーマンスは今見ても感動するくらい素晴らしかったです。

進藤渉:どれとは言い切れません。何せ我々の「初」が詰まってますね。初のLIVE DVD(2015.5.10「Use My illusion I」at Theatre 1010」)や演出。例えばピアノとギターのインストゥルメンタル、サンドアート、etc…加えてLIVEで定番の「SEX PUPPET ROCK’N’ DOLL」そして「カルトなでしこ」も「Use My illusion」から生まれてますしね。今のLIPHLICHになった色々な要素が含まれています。

―今回の「Use My illusion」に対する意気込みを教えてください。
 
久我新悟:過去4回ともその時にやりたいことを詰め込んでやったので、今回も今やりたいことを詰め込んだ内容のライブになります。ネタバレというわけではないですが公演に合わせて衣装も変えつつ、一言で表すと、8月27日の「Use My illusion Ⅴ」は荘厳、8月28日の「Use My illusion Ⅵ」はアダルトなイメージ。各会場に合わせて演奏する曲も、2日間被らない内容になっています。LIPHLICHの持っている色々な魅力を2日間に詰め込んで大阪に置いていこうと思っています。

新井崇之:前回は自分たちの力不足もあり、劇場公演では席が半分くらいしか埋まっていない状況でした。ライブの内容を凝って良いものが出来た反面、とても悔しい思いをしたのでそれを塗り替えたいなと思います。ですが、その「悔しかったから」だけに捕らわれず、今まで培ってきた経験で、レベルアップしたバンドのパワーを会場で出し切りたいと思います。僕たちは日々かっこ良くなっている、劇場という空間を操り、ライブハウスという空間を飲み込む様なライブにしたいと思ってます。

進藤渉:今回の会場限定音源「幻想曲」でお分かり頂けると思いますが、今まで以上に音楽の見地の広さを味わえる空間になります。過去の「Use My illusion」と比べるものではありません。劇場とは観劇だけでなく、オーケストラからカルテット、ソロ等々小規模なコンサートにも使用される「音楽の味わう為の場所」でもあります。LIPHLICHの楽曲の細部まで味わえる特別な環境です。音楽に対する新たな境地が拓ける機会になればと思っています。

小林孝聡:ライブハウス、劇場と両日ありますが、特に劇場の大阪ウェスティは僕にとっての初めての劇場公演であり、LIPHLICHとしては去年のリベンジを果たす場所です!なんとしても今年は沢山の人に見てもらいたいです!普段ちょいちょいドラムソロコーナーをもらうのですが、今回は初めて挑戦する一風変わったソロも用意してます!

―今回の「Use My illusion」で限定発売される「幻想曲」について、テーマをお聞かせください。

 『Use My illusion Ⅴ&Ⅵ』会場限定CD「幻想曲」SPOT 


久我新悟:先ほど言った『イリュージョン』という言葉自体がテーマです。やっぱり言葉とはおもしろいもので、クラシック音楽に「幻想曲」という作品名称がありまして(ロック全般の中にも色々ジャンルがある感じ、メタルとかUKとかプログレとか色々)、「形式にとらわれずに作曲者の自由な想像力に基づいて創作される曲」のことを幻想曲と呼ぶそうです。曲のもっているクラシカルなイメージもありつつ、公演のテーマにぴったりと当てはまるので「幻想曲」という曲名にしました。曲のアレンジでいうと、まずバンドの曲を作る時はギター&ベース&ドラムが前提にあってそこに他の楽器を加えていく(バイオリンなりアコーディオンなり色々)というのが常なんですが、この曲は逆の発想でまずオーケストラが前提にあってそこにバンドを加えていくという感覚で作ったものになります。

―「幻想曲」の各パートの聴きどころは?
 
久我新悟:コーラスを一切入れずに主旋メロディだけ歌っているので歌がより生々しく届くと思います。

新井崇之:常にメロディーを弾き続けるという部分ですね。ギターという楽器でストリングスの一部になるのは初めてなので。旋律に溶け込んでいくギターというのを楽しんでもらえたら嬉しいです。

進藤渉:私にとってコントラバスのアルコ(弓奏法)だけで演奏する曲はこの曲が初めてです。アルコ特有の響きはライブハウスだと上手く伝わらない事も多いのでアンサンブルで使うことはあまりありません。一般的なエレキベースとは全くの別物。私は眼前でアルコによるコントラバス奏者による演奏を体験した時に感動した経験があります。
これがコントラバスを始めたキッカケです。今回のコンサートホールという環境でこそ実現出来た奏法です。私が体験したその感動を皆様にお伝え出来ればと思っています。

小林孝聡:今回の曲は全編にわたりオーケストラアレンジなので、周りのメロディ楽器を引き立たせる事に徹しています。オーケストラにおける打楽器の立ち位置は、決して前に出るようなものではないので、ぱっと耳を引くようなプレイはないです。しかし曲の抑揚をつけるのは間違いなく打楽器であり、全編通して効果的に作用してます。あと面白いのは、盛り上がりどころで聞こえてくるティンパニ、チューニングをめちゃくちゃ下げたバスドラム、跳ねるようなコンガの音、タムを手で叩いた音など、全てドラムセットの太鼓を使ってレコーディングしたところです。

―今後、「Use My illusion」を開催する展望はありますか?
 
久我新悟:さて、どうでしょう。
 
―最後に、大阪の皆様へメッセージをお願いします。
 
久我新悟:最近はライブ等で大阪へラブコールを送ることが多いですがこの場でも改めて…I LOVE 大阪!2日間あっかーんライブ魅せます!お楽しみに!

新井崇之:今回は大阪では2回目の開催になります。こういうコンセプチュアルな公演を、大阪でまた開催できる事を本当に嬉しく思います。会場限定音源の「幻想曲」「前想曲」の書き下ろしの2曲もとても面白くて素敵な曲に仕上がりました。僕たちの今もっているパワーというのを全力で伝えたいと思います。どうぞお楽しみに。

進藤渉:大阪。LIPHLICHにとって特別な場所です。生涯の伴侶として、どうかこれからもよろしくお願い致します。

小林孝聡:西の都、大阪のみなさん!このワンマン二日間は8月の僕らのメインです!僕はドラムが好きです。スティックを持った瞬間にはもう宇宙が目の前にあって自由に音を出せる。それを操る姿を観てください!初めましての人も、そうじゃない人も、なんだか普通のライブに飽きちゃった人とか、そんな方は劇場のライブを観に来てね!あと、くいだおれ太郎には家族もいるそうだよ…。


【CONCEPTUAL ONEMAN 『Use My illusion Ⅴ&Ⅵ』公演概要】

 
■2016年8月27日(土)大阪ウェスティ(堺市立西文化会館)
CONCEPTUAL ONEMAN 『Use My illusion Ⅴ』
[CAST]LIPHLICH
OPEN17:00/START17:30
前売 ¥4,000/当日 ¥4,500(D代別)
[プレイガイド]
【一般】
・ローソンチケット 0570-084-005(Lコード:58307)
・イープラス http://eplus.jp
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:300-351)
・CNプレイガイド 0570-08-9999
 
【Use My illusion Ⅴ&Ⅵ会場限定音源発売】
「幻想曲」
【収録曲】1.前想曲 2.幻想曲
¥1,000(tax in)/MSLP-038
 
(問)夢番地 06-6341-3525
 
 
■2016年8月28日(日)大阪FANJ twice
CONCEPTUAL ONEMAN 『Use My illusion Ⅵ』
[CAST]LIPHLICH
OPEN17:00/START17:30
前売 ¥3,500/当日 ¥4,000(D代別)※チケット残りわずか
[プレイガイド]
【一般】
・ローソンチケット 0570-084-005(Lコード:58307)
・イープラス http://eplus.jp
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:300-351)
・CNプレイガイド 0570-08-9999
 
【Use My illusion Ⅴ&Ⅵ会場限定音源発売】
「幻想曲」
【収録曲】1.前想曲 2.幻想曲
¥1,000(tax in)/MSLP-038
 
(問)夢番地 06-6341-3525
Posted : 2016.08.23
9月11日(日)東京湾船上公演SOLD OUT!&10月1日(土)大阪湾船上公演残りわずか!
【9月11日(日)東京湾船上公演SOLD OUT!&10月1日(土)大阪湾船上公演残りわずか!】

2016年9月11日(日)東京湾レディクリスタル
※天王洲アイル シーフォートスクエア
 
東京湾公演 Ocean's club『DresSea Tokyo 2016 』
OPEN 18:15/departure 18:30
TICKET:SOLD OUT!!
 
[ドレスコード]
・フォーマル
・インフォーマル

(問)liphlich@fuji-pro.net
 
2016年10月1日(土)大阪湾 サンタマリア
※天保山ハーバービレッジ海遊館
 
大阪湾公演 Ocean's club『DresSea Osaka 2016 』
OPEN 18:45/departure 19:00
TICKET:¥10,000(指定席)※残りわずか
http://eplus.jp/lip-sea/ (PC&携帯)
 
[ドレスコード]
・フォーマル
・インフォーマル
・カジュアル
 
(問)liphlich@fuji-pro.net
Posted : 2016.08.22
<  1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  | 9  | 10  | 11  | 12  | 13  | 14  | 15  | 16  | 17  | 18  | 19  | 20  | 21  | 22  | 23  >
  • TITLE
    LIPHLICH acoustic&rockabilly oneman tour 「BOOGIE CAT'S NIGHT-FINAL-」
  • DATE
    2017.12.14[Thu]
  • VENUE
    渋谷Mt.RAINIER HALL
  • TIME
    開場 / 18:30 開演 / 19:00
  • TICKET
    前売¥4,500 / 当日¥5,000